蘇の次に来るものは醍醐!?~オーパーツへの探求

Facebook にシェア
Pocket

 こんにちは。宇多ママです。

蘇が大変な話題に!


 今、蘇が大変話題になっています。平安時代に全国で作られ納税品になっていたと言う古代チーズ、蘇。一斉休校などで農水酪産物の消費が懸念される中、微笑ましいニュースだと思います。

 あ、一斉休校と言えば、こちらの記事もぜひ読んでください(宣伝)
 →一斉休校で出来る家庭学習ステップ1~東大文学部OGの視点
 
 蘇について詳しいことはWikipedia(蘇)をご覧ください。

蘇の次は醍醐!?

 上記蘇のWikipediaを見ていると、気になる項目に気付きます。醍醐!!!
 醍醐味などでも知られる、なんかすごくとってもむちゃくちゃスーパーおいしいものです。きっとそうなんです。

(イラストは後醍醐天皇)

 でも、誰もその味を知りません。なぜなら、レシピすら残っていないから、です。もとい、なんなのか、よく分かっていません。

 詳しくは、Wikipediaの醍醐を参照ください。

古代スイーツならアマヅラもおすすめ!?

 再現が不可能な醍醐に比べ、実際に再現できる古代スイーツとして挙げられるものに、アマヅラがあります。
 こちらは、日本版メープルシロップとでも言えますでしょうか。ブドウ科のツル性植物(またはアマチャヅル)を煮詰めて精した甘味料です。
 縄文時代の貝塚からも出土されている、屈指の古代スイーツで、かの清少納言もカキ氷シロップとして食したとか。

こちらは、奈良女子大学で再現実験などもしています。Wikipediaを含め、以下のリンクを参照ください。

 →Wikipedia アマヅラ
 →奈良女子大学「文化史総合演習」チームによる幻の甘味料あまづら(甘葛)の再現実験

 アマヅラは、ご家庭にあるツタでどなたでも再現できるお気軽スイーツですので、皆さんもぜひお試しください。(ジョークです)

オーパーツを求めて

 このように、失われた歴史に対する憧れは、さまざまな分野にあります。
 例えば、歌舞伎で十八番という言葉があります。

十八番(じゅうはちばん、おはこ)とは、もっとも得意な芸や技のこと。転じて、その人がよくやる動作やよく口にすることば。その人のくせ。
Wikipedia 十八番より

 Wikipediaをご覧いただくと分かるように、いわば歌舞伎18選ですが、この18選は、演目は分かっても、詳細は分かっていないことがあります。蛇柳(じゃやなぎ)などもその一例ですが、市川海老蔵は詳細が分かっていない演目に対し、果敢に再現公演なども行っています。

蛇柳~成田屋HPへのリンク

 このように、失われた遺物(オーパーツ)への憧れは、どの分野にもあるのだなぁ、と感じたのでした。

(宇多パパ追記)

 以上、東大文学部歴史学科(当時)OGの嫁が、つらつら思ったことを楽しそうに話していたので、口述筆記しました。話しがあちこちに飛ぶのでまとめるのが大変でした。

 雑文にお付き合い頂き、ありがとうございました汗


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人類発祥の謎を解き明かす!「オーパーツ」の全てがわかる本
価格:880円(税込、送料無料) (2020/3/8時点)


フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です