発達障害嫁は苦手な飲み会で道化を演じていたこと

Facebook にシェア
Pocket

 ← 前のページへ

解決策として、利用できるものは利用し利用できないものは避けた

 理由としては大きく上記の3つなのですが、苦手な理由のうち、利用できるものは利用し、利用できないものは避けることで、これらを解決する方法としての対策を講じました。

解決策 その1:下戸であることを公言する

 まず、飲み会の機会自体を減らすことで、この問題を回避するように努めることにしました。
 その方法として、下戸であることをカミングアウトし、必要最低限の飲み会にのみ出席するようにしました。

解決策 その2:会話の主導権を握り、聞き手の時間を減らす

 飲み会に参加せざるを得ないときの話です。
 相手の話を聞き取ることができないことを克服するため、会話の主導権を握り、聞き手の時間を減らすことにしました。

解決策 その3:テンションを上げ、陽気な人に近しい何かに見せる

 会話で主導権を握るだけでは足りないと考え、飲み会の場に合うよう、陽気な人間を装うことで、飲み会の場で違和感ないように努めました。平たく言うと、私は飲み会で道化を演じることに徹しました。

結果

 上記のような解決策を講じることと、回りはアルコールで判断力が低下しているため、意図がばれづらかったのではないかと推察します。
 結果、疲れると会話に参加できないが、「酔っていないのに一番酔っている人」という認識になりました。ツッコまれたら

    嫁てへぺろ「(いつもと違う)雰囲気に酔いました」

と言っていましたが、楽しい空間が好きな人間に見えた様です。
 一方、帰ってから反動でどっと疲れが出て、シャワーを浴びる気力すら出ず、そのまま布団に入るほどでした。
 ただ、たまに起きる出来事として処理できる程度であれば、方法としてはアリではないかと思っています。

 ← 最初から読む

フォローお願いします!

発達障害嫁は苦手な飲み会で道化を演じていたこと” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です